望まない妊娠を避けるために行なわれるのが避妊になります。避妊として、もっとも知られるのがコンドームで、これは男性器または女性器に装着することで、物理的に精子が卵子のいる場所まで届かないようにするという方法です。特に男性器に被せるコンドームは手軽に行えるため、避妊具の代表的な存在といえます。

一方で、女性が行う避妊としてはピルやネット子宮内避妊用具があります。ピルの場合には低用量ピルや緊急避妊薬である中用量ピルなどがありますが、いずれの場合も排卵を抑制し、また受精卵が着床するのを防ぐ作用があるというものです。また精子そのものの子宮内の通過を阻害する作用があり、高い避妊成功率を持っています。このピルの仕組みは、女性が妊娠期には新たな精子が侵入してきても受精しないといった働きを女性ホルモンを意図的に投与することで再現したもので、このため安全性の高い避妊法と知られ、また避妊のほかにも生理時の生理痛や出血を抑えるといった効果も期待することができ治療目的で処方されるケースもあります。
ネット子宮内避妊用具は、子宮内異物を挿入することで精子運動性の阻害や受精卵の着床を防ぐといった作用があるものです。ネット子宮内避妊用具にも種類としては2種類あり、単なる異物を挿入することで妊娠を阻害するものと、異物にピルと同じく女性ホルモンが含まれているものがあります。基本的にはどちらも高い避妊成功率を持っていますが、女性ホルモンが付加されていないものは子宮内は通常の状態であり、また異物を挿入している関係で生理の量が増えるといったデメリットがありますが女性ホルモンが付加されているものはピル同様に生理の量を減らすといったメリットがあります。