ピルとは、セックスの際に妊娠したくない場合に、女性が積極的に避妊できる避妊薬です。

しかし、避妊以外にも様々な効果があるので、最近では避妊以外の目的でピルを服用する人も少なくないようです。

ただ、いくら避妊目的ではないといっても基本的には病気でない限り保険は適用外になりますので病院が決める自由診療になります。

自由診療の金額は病院によって異なるのでまちまちですが、初診料、検査料、処方科、薬代とすべて含めて8000~一万円ほど持っていけば足りるでしょう。

例外として、日常生活が送れないほど生理痛やPMSがひどい場合には、病気と認定され、保険適用できるため価格は自由診療よりは安く済むこともあります。

ピルには、大量の女性ホルモンが含まれていて、それが体内に入ることにより体を妊娠したような状態をキープさせる作用で、様々な体の不調に効果的になります。

ただ、妊娠初期に現れる吐き気や胸の張り、頭痛や不正出血などの症状が出ることがありますが、体が薬に慣れてくるとやがてそういった症状も落ち着いてくるようです。

そして、胸の小さいことがコンプレックスな人には朗報ですが、なんとピルには胸を大きくする効果もあるのです。

バストアップに効果的なのは規則正しい生活やバストマッサージ、栄養バランスのとれた食事ですが、女性ホルモンを増やすこともバストアップにつながります。

ピルはもともと女性ホルモンがたくさん含まれているので、それを服用するだけで胸が大きくなる効果が期待できるというわけです。

さすがに、バストアップのためだけにピルを飲もうという人はいないと思いますが、それ以外にも卵巣がんや子宮体がん、大腸がんなどの予防や、加齢によって起こる骨粗鬆症のリスクの軽減など、ピルには本当に様々な副効用が期待できますので、PMSや生理痛で悩んでいる人は、一度ピルの服用を考えてみてはいかがでしょうか。