経口避妊薬としてその名前自体は知っているけど実際にどういったものかどうかを知っているかというと、知らないという人が多いのが低用量ピルです。
低用量ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方が少量ずつ含まれている薬となります。
ほぼ100%の避妊効果があるというピルですが、どうして避妊が出来るのかというと黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つのホルモンが体内のホルモン量をコントロールして、排卵を起こさないようにした上に受精卵を着床させにくくさせてくれるからです。
ピルはドラッグストア等で購入できる薬ではなく、クリニックなどで処方してもらう薬です。
どこのクリニックで購入できるかがわからないという人もいますが、新宿の婦人科などならほぼ確実に購入可能です。
新宿には新宿という場所の影響もあり、婦人科などのクリニックが非常に多いので購入しやすい環境であると言えます。
ピルというのは普通の薬のように1日1回決まった時間に飲むだけではありますが、飲むタイミングなどについてはきちんとルールがあるので、医師の指導をよく聞いて処方してもらうことが大切です。
また、ピルというと避妊目的のものというイメージが強いですが、避妊以外にも様々な効果がありますしいわゆる超低用量ピルに関しては、日本においては避妊薬として処方されているものではないです。
超低用量ピルには、ヤーズ配合錠やルナベルULDなど健康保険適用のものもあります。
これらは避妊のために処方されているのではなく、月経困難症の治療薬として処方されている薬になります。
日本では承認されていませんが、海外では避妊目的やニキビ治療薬としても使用されている薬で通常よりも低容量なので副作用のリスクが低いです。