健康的な男性と女性との間に性交渉があれば、妊娠をしてしまう可能性があります。しかしながら、今の時代、誰もが妊娠をして喜べるという付き合い方をしているわけではなく、仕事や学業などのほかにもいろいろな事情から産み育てることが出来ないカップルも多いのです。そういった人たちでは避妊に取り組む必要があるのです。
現状で考えてみても、コンドームを使用する場合が多いのですが、そのほかにもいろいろな方法があります。しかし、時に避妊に失敗してしまったり、協力的でない男性もいたりするものです。さらには、望まない性交渉を強いられてしまうということもあるかもしれません。そういった時には、緊急避妊薬であるアフターピルを72時間以内に服用すると、できてしまった受精卵を子宮内に着床させないようになるのです。アフターピルには少し強めの中用量のホルモン剤が含まれているので、それが効くのです。
中でもポピュラーであるのが、ノルレボというアフターピルです。こちらは世界中でよく知られている種類の一つになります。ノルレボはほかにも後発品でアイピルなどとしても出ていたりするものです。
ノルレボのホルモン剤が生理周期に影響してくるので、次回の生理を早める効果があるのです。生理が早めることができれば、その時点で妊娠の可能性がないとわかるので、安心できます。
アフターピルというのは、性交渉をした後になるべく早い段階で服用したほうが効果が高まるといわれます。ですから、もしも妊娠してしまったかもしれないということになったら、速やかに産婦人科を受診することをおすすめします。
ピルというのは、ホルモン剤の働きによって生理を早めることができるものなのです。